宿泊予約トップ  > 小浜温泉の温泉力

源泉温度高 日本一の温泉で、大地のパワーを身体に受けよう 小浜温泉の温泉力 ちゃんぽんと立寄り温泉

713年「肥前風土記」に記述があるほど、歴史の長い小浜温泉。湯治場として栄え、庶民に愛され続けている温泉地だ。源泉温度はなんと100度と、日本一!大地のパワーを存分に受けた温泉は、ひと度浸かれば寒い冬を吹き飛ばしてくれ、身体に力がみなぎっていくよう。温泉はもちろん、名物ちゃんぽんや絶景の夕日も堪能したい。

湯温が高く、湯量豊富な「熱の湯」小浜温泉とは…

全国の温泉地の中で、熱量・温度ともに1位を誇り、約30箇所ある源泉からは、平均温度100度の湯を1日1万5000トンも湧き出している。塩分を含む湯は保温効果が高く、等張性があるとされる小浜温泉は、長時間入浴してもつかれにくい。「熱の湯」とも言われ、血液循環を促進する効果も期待できる。

毎月1〜2回、源泉から自噴する湯柱が上がる


小浜温泉の泉質・効能・特徴

  • 泉質/ナトリウム塩化物泉
  • 効能/切り傷、火傷、リウマチ、神経痛、通風など
  • 特徴/高い温泉温度と豊富な湯量を誇る。含有される塩分が皮膚に付着し、芯からあたたまり、汗の蒸発を防ぐので湯冷めしにくい。

日本三大ちゃんぽん地の一つ、小浜の名物グルメと言えばコレ!小浜ちゃんぽんを食べよう!

バリエーション豊富な小浜名物・ちゃんぽんは、アレコレ食べ歩きしたい。ちゃんぽん番長認定、3つのNo.1ちゃんぽんをご紹介!

雲仙市観光物産まちづくり推進本部
ちゃんぽん番長 林田真明さん

ちゃんぽんはそもそも明治30年代、長崎四海楼が発祥。小浜温泉では、長崎茂木港から湯治客が船で往来、大正時代には既にちゃんぽんを食べていたと言われています。約100年後の今日、独自の進化を遂げ小浜ちゃんぽんとして地域の郷土食・ソウルフードとなり、日本3大ちゃんぽん(長崎、天草、小浜温泉)の一つとして数えられています。バリエーション豊富なので、ぜひたくさん食べ歩きしてくださいね。

おすすめちゃんぽん厳選3

こってり度No.1

善望園

小浜で唯一の中華料理店が作るちゃんぽん。鶏ベースの濃厚なスープはコクがあり、野菜のうまみが出た深い味わい。具はシンプルにもやしとキャベツがメインで、濃厚スープと程よいバランス。
所/雲仙市小浜町北本町114 電/0957-74-3062
営/11:00〜20:00
休/月曜
料/ちゃんぽん650円
[MAP-A]

一度食べたらやみつきになるコクのある味

あっさり度No.1

お食事処 入潮

透き通るようなスープは野菜や魚介の旨みがほんのりと染み出ており、あっさりやさしい味。キャベツ、豚肉、エビなど具がたっぷり。座敷からは橘湾が一望でき、海を眺めながらのちゃんぽんも○。
所/雲仙市小浜町北木指3168-7 電/0957-74-3610
営/11:00〜21:00(OS)
休/木曜
料/コロッケセット・ぎょうざセット各850円(ちゃんぽんなどの麺メニューから1つ選択)
[MAP-B]

上に乗った卵を絡めると、またひと味違う

ボリューム満点No.1

食楽大盛

大きな丼には大盛りの具!麺にたどりつくまでに、既におなかいっぱいに。豚骨と鶏ガラを煮込んだスープに、具の大量の殻付き芝エビが風味のアクセント。中太麺が具との絡み抜群。
所/雲仙市小浜町南本町23-14 電/0957-74-2470
営/12:00〜14:00、17:30〜21:00
休/不定
料/ちゃんぽん630円、卵入りちゃんぽん680円(写真)
[MAP-C]

シャキシャキの野菜の食感がバランス良し

他にも小浜ちゃんぽんが食べられるお店は15軒!

ちゃんぽん番長 林田さん作成「小浜ちゃんぽんマップ」は、小浜温泉観光協会でもらえるよ。
問/小浜温泉観光協会 電/0957-74-2672

コレもオススメ! 湯せんぺい

進藤湯せんぺい店

温泉水を利用して作られる小浜名物「湯せんぺい」。濃いめの食塩泉と、小麦粉、砂糖、地元の赤卵を混ぜ合わせ、一枚一枚丁寧に手作りで焼いた、素朴な味。
所/雲仙市小浜町北本町862 電/0957-74-2321
営/8:00〜17:00
休/不定
料/530円(15枚入り)、840円(24枚入り)、耳せんぺい200円(1袋)
[MAP-D]

サクっと薄くて軽い歯ざわりお土産に最適。せんぺいの端を切り出した「耳」にファン多し。

小浜温泉情緒 満点! オススメ立ち寄り温泉

絶景の夕日を望む海上露天風呂や、地元の方々に愛され続ける市営浴場など、小浜温泉らしい心あたたまる雰囲気の立ち寄り入浴施設をご紹介。

波の湯「茜」

橘湾の波硝石上にある海上露天風呂。満潮時は海面との差がなんと20cmになり、まるで海に浮かんでいるような感覚を楽しめる。真っ赤な絶景の夕やけを眺めながら、ゆったり浸かりたい。
所/雲仙市小浜町マリーナ20番地先
問/小浜温泉観光協会 電/0957-74-2672
営/7:00〜19:00 休/不定
料/中学生以上300円、小学生以下200円、小浜温泉宿泊者200円
[MAP-E]

共同浴場「浜の湯」

小浜温泉唯一の市営浴場。男女とも内湯のみで、それぞれ「あつめの湯」と「ぬるめの湯」の2つの浴槽があるが、「ぬるめの湯」でも高めの湯温。飲泉も可能で、無色透明・無臭だがややしょっぱい。
所/雲仙市小浜町北本町25-19
問/雲仙市小浜総合支所 電/0957-74-2111
営/6:00〜21:00 休/なし
料/150円
[MAP-F]

↑ ページの先頭に戻る